コープの骨取り赤魚の煮付けレビュー【コープサステナブル】

赤魚の煮つけパッケージ

我が家はおうちコープという生協の宅配を利用しています。

調理済みの骨取り魚は、特に使い勝手がよいのでおすすめ。

この記事では、最近買った「骨取り赤魚の煮付け(しょうゆ)」のレビューをお伝えします。

コープ 骨取り赤魚の煮付け(しょうゆ)

値段は?

こちらが冷凍の骨取り赤魚の煮付け。

1つ1つ小分けパックになっていて、3切れ入っています。

私は2021年6月に、359円で購入しました。

調理法は?

調理は温めるだけ。

凍ったまま、沸騰したお湯に入れて温めます。

解凍後、皿に移し、電子レンジで加熱することもできます。

さあ、温めてみましょう。

小袋のまま、熱湯をわかしたお鍋で湯煎します。

ふたはしません。

1袋で10分ほどかかります。

時間がない時は、皿に移し替えてレンジ加熱の方が早いです。

味は?

湯煎した赤魚の煮付け。

魚の形は多少違いますが、サイズは同じです。

汁もたっぷりですね。ふっくらして、つやもあります。

シンプルに美味しい、おふくろの味です。

骨がないので食べやすく、家の子どもにも好評です。

コープサステナブル

最近「サスティナブル」という言葉を聞くようになりましたね。

サステナブル(Sustainable)は、sustain(持続する)+able(〜できる)からできた言葉。

「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味です。

コープでは、環境や社会に配慮した主原料を使った商品に、共通ロゴを付けてシリーズ化しています。

主原料となる水産物はすべて、持続可能であると認証された漁業で獲られているという証です。

海のエコラベル・MSC認証は、水産資源や海洋環境に配慮された漁業の認証制度です。

持続可能だの、認定だの、正直ちょっと難しいですが💦

魚を取り続けて、海の魚を全部食べちゃったら、未来に困るよ。

だから、ちゃんと管理して魚をとろうねってことですね。

普段それほど地球環境なんぞ気にしていない私ですが、こういった商品を選ぶことで少しは協力できるのかなと思っています。

まとめ

以上、コープの冷凍魚惣菜、赤魚の煮付けの紹介でした。

正直私、魚の煮付けは得意料理ではないもので…ありがたく頼らせてもらっています。

  • 骨がとってあるので、子どももご年配の方も食べやすい
  • 味付けは甘めのしょうゆ味。ご飯がすすむ
  • 1切れずつ小分けパックで使いやすい
  • 冷凍で長期保存できるのでストックにオススメ。
  • 湯煎・レンジ加熱でOK

この骨取りさばの味噌煮も、赤魚の煮付けも、我が家はおうちコープで買っています。

神奈川・静岡・山梨県で利用者No.1の生協の宅配サービスです。

気になる方は、資料をもらってみては? おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト

コープの冷凍魚惣菜というと、さばの味噌煮も人気です。

写真は、上がサバの味噌煮。下が赤魚の煮付け。

サイズは赤魚の煮付けの方が大きいです。

こちらの記事は、さばの味噌煮のレビューです。

あわせて読んでみてくださいね。

便利なお惣菜、コープの骨取りさばの味噌煮の紹介です。身はふっくら。甘めの味噌だれが美味しい。骨なしだから、子どもも食べやすい。冷凍小分けパックで、湯煎か電子レンジ加熱ですぐに食べられます。

私が住んでいる神奈川の生協はこちらで詳しく比較しています。

参考にしてください。

神奈川県の7つの生協(おうちコープ・パルシステム、生活クラブ・福祉クラブ・ナチュラルコープヨコハマ・やまゆり生協・東都生協)を比較。配達エリア・出資金・増資の有無・手数料・取り扱い商品数・店舗の有無・注文方法・支払い方法などまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする