おうちコープの野菜は美味しい?シャキット便&グリーンボックス

我が家は神奈川県で、生協の宅配おうちコープを利用しています。

前の週に注文しておくと、翌週に家まで届けてくれる便利な宅配です。

おうちコープの取り扱い商品は、毎週約2800品。

生鮮品、調味料、日用品など、多くの商品の取り扱いがあります。

おうちコープの野菜

取り扱うアイテムが多い、おうちコープ。

野菜も品目が多く、スーパーや八百屋さんと変わらない品揃えです。

商品を選ぶカタログは、毎週6ページほどが野菜と果物です。

葉物、根菜、きのこ、果物、大抵の商品が揃うと思います。

果物はバナナ、キウイ、グレープフルーツなどは1年中注文できます。

季節ごとの果物も多く、9月だとぶどう、なし、柿などが入っていきます。

野菜は、通年通して買えるものが大半です。

トマト・キュウリ・レタスなど、人気のサラダ系、ニンジン・ジャガイモ・玉ねぎなどの根菜系、きのこ、葉物など、たくさんあります。

一部夏だけのとうもろこしなど、季節限定の野菜もあります。

とれたてシャキット便

今まで生協で野菜を頼んで、失敗したと思ったことはありません。

みなきれいな状態で届きます。

なかでも、とれたてシャキット便は、鮮度にこだわった商品です。

前日に収穫されたものなので、鮮度は抜群。

みずみずしい状態で届きます。

トマト

この日は、このカタログのトマトを注文しました。

群馬県産奥利根、標高500m前後の高原で育ったトマトです。

届いたトマトはこちら。

ちょっと青い部分もありますが、キレイなトマトです。

トマトのお尻のところに、放射線状の線がうっすら入っていますね。

これはスターマークといって、トマトが甘い証拠だとテレビでやっていました。

レタス

群馬県利根沼田、くろほのレタスも注文しました。

届いたのレタスはこちら。

外側の葉っぱのそのままついているので、スゴイ大きさです。

スーパーじゃ、外側をむかれた状態で売られていますが、シャキット便だとついた状態で届きます。

外側の緑の葉はとると、こんな感じ。

葉っぱの先までみずみずしいです。

せっかくとれたてなので、その日のうちにいただきましょう。

今日はこの2つで、サラダにしました。

野菜の状態が良いので、シンプルなサラダが美味しいですね。

シャキット便には果物もあります。

梨は追熟しないので、買ったらすぐに食べた方が美味しい果物です。

安曇野の豊水梨のシャキット便で。

届いた豊水梨はこちら。

みずみずしくて美味しい梨でした。

焼き甘栗

少し変わったところで、こんなものもあります。

横浜中華街「紫禁城」の焼き甘栗(前日焼き)。

とれ立てではなく、焼き立てです。

届いたのがこちら。

紫禁城は横浜中華街で、昔からある甘栗屋さんの一つです。

じっくり石焼された甘栗。美味しくて、あっという間になくなりました。

グリーンボックス

おうちコープでは、グリーンボックスという野菜の詰合せもあります。

産地を特定し、土作りを重視して栽培した野菜です。

1箱7~8種、925円(税込999円)

毎週注文できますが、セットの内容は週によって変わります。

上の写真は、ほうれん草、ミニ大根、ミニトマト、大葉、にんじん、キュウリ、しめじです。

にんじんなどの根菜は、土のついた状態で届きます。

コープの産直商品で、生産者が確かな野菜だけが集められます。

野菜と一緒に、品目表が入っています。

お値段は、1箱1000円未満。

個別に頼むよりも、少しお買い得。野菜はどれも新鮮なので、おすすめです。

スーパーよりの野菜の値段は変動しにくいので、野菜が高騰している時ほど、お買い得かもしれません。

ただし、注意したいポイントが1つあります。

それは、野菜は予定通りの品目が来るとは限らないということです。

野菜は天候によって、収穫状況が変わるものです。

荒天で収穫できなかった場合、別の野菜に変わることがあります。

予備品目はあらかじめ指定され、カタログに載ります。

予定品が収穫できなかった場合、その予備品が届くシステムです。

ボックスに入る予定の○○がどうしても必要!という場合、個別に注文するほうが確実です。

おうちコープは手頃な値段の商品が多く、スーパー感覚で使える生協です。

野菜の値段もそう高くはありません。

気になった方、資料請求は無料です。おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする