パルシステムの牛乳飲み比べ、こんせん牛乳&酪農家の牛乳&低温殺菌牛乳

我が家は、生協の宅配・パルシステムを利用しています。

生協の宅配は、注文書やネットで注文すると、週一回、固定の曜日時間に届けてくれます。

商品は食材・日用品・雑貨など種類豊富。

牛乳などの重たいものも、玄関まで届けてくれるので助かります。

パルシステムの牛乳飲み比べ

今回は1ℓパック3種類を頼んで、飲み比べをしてみました。

右から「こんせん72牛乳」「酪農家の牛乳」「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」です。

パスシステムの牛乳は他に「酪農家の低脂肪牛乳」があります。

パルシステムの牛乳飲み比べ

こんせん72牛乳 224円

成分無調整牛乳

無脂肪固形分:8.4%以上

乳脂肪分:3.6%以上

殺菌:72℃ 15秒間

原材料:生乳100%

賞味期限:配達日含む4日間

製造:よつ葉乳業株式会社 根釧工場

北海道根釧地区(根室釧路)の産直牛乳。

酪農家の牛乳 218円

成分無調整牛乳

無脂肪固形分:8.3%以上

乳脂肪分:3.5%以上

殺菌:72℃ 15秒間

原材料:生乳100%

賞味期限:配達日含む5日間

製造:雪印メグミルク㈱

産地は関東。500㎖サイズもあります。

いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳 247円

成分無調整牛乳

無脂肪固形分:8.3%以上

乳脂肪分:3.6%以上

殺菌:65℃ 30秒間

原材料:生乳100%

賞味期限:配達日含む4日間

製造:奥中山高原農協乳業株式会社

低温殺菌。非遺伝子組み換え飼料を使用。

牛乳の殺菌温度

牛乳は加熱殺菌して販売されます。

一般に加熱温度と時間によって、以下の種類があります。

1、超高温滅菌殺菌法(LL製法)  …135~150℃、1~4秒。

2、超高温瞬間殺菌法(UHT製法) …120~130℃、1~3秒。

3、高温短時間殺菌法(HTST製法)…72℃~75℃、15秒以上。

4、低温長時間殺菌法(LTLT製法)…63℃~65℃、30分。

1の超高温殺菌は、長期保存用の牛乳であまり数は流通していません。

2の高温殺菌は、日本の牛乳の大半を占めます。特に表示のない牛乳は全て、この超高温瞬間殺菌法だと思います。

何故一般的かと言うと、大量生産に向いているためです。短時間で菌が死ぬので、安くて安全にたくさん作ることができます。

しかし、高温にするため、生乳が変質してしまいます。牛乳にわずかなとろみがついているのは、タンパク質が加熱されたためです。栄養価に変化はありません。

一方、パルシステムの牛乳は、3か4、低い温度で殺菌する方法のものしかありません。

熱による変質が防げるので、生乳の自然な風味が残り、さらっとしているのが特徴です。

低温殺菌には手間がかかり、品質管理も大変です。

特に低温長時間殺菌法の場合、鮮度がよく、細菌数の少ない生乳が必要です。「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」は、工場から半径1㎞以内に牛舎があり、絞ってすぐに牛乳になります。

味は違うの?

パルシステムの牛乳を飲み比べてみました。

一番低温で殺菌される「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」は、「こんせん72牛乳」や「酪農家の牛乳」とは、明らかに味が違います。

ともかく、さらっとしているのですよね。とろみがないサラサラの牛乳。

ほんのり甘く、生乳の風味が味わえます。

スーパーの牛乳が臭い、マズイと感じる方は、一度飲んでみて下さい。

スーパーの牛乳の臭さは加熱して発生するものなので、低温殺菌のものには感じられません。

一方で、普通の牛乳が大好き!という方は、ちょっと???…となるかもしれません。

実は、うちの子どもの一人が低温殺菌牛乳は苦手。「よくわからないけれど、いつもの牛乳じゃないから嫌」って言います。

生乳に近い美味しさなんですが、超高温殺菌の牛乳に飲みなれていると違和感を感じるようです。

我が家はおうちコープの宅配もやっていて、子どもは「コープ牛乳」がお気に入り。130℃で2秒間殺菌された牛乳です。

ちなみに、コープの牛乳飲み比べもやってます→おうちコープの牛乳は種類豊富、重たいものは生協の宅配が便利!

「こんせん72牛乳」と「酪農家の牛乳」も、スーパーの牛乳に比べると、さらっとしていますが、子どもはそれほど嫌がりません。

低温殺菌牛乳と、スーパーの牛乳の中間のような感じです。

「こんせん72牛乳」と「酪農家の牛乳」の味の違いは、正直私にはよくわまりません。どちらも美味しくて、飲みやすい牛乳です。

賞味期限は短め

3種類の牛乳は、どれも組合員の評判も良く、人気のアイテムです。

ただし、難点が2つあります。

・スーパーの牛乳よりもやや高い。

・賞味期限が短い。

安全で質の良い牛乳です。値段はやや高いですが、相応な気もします。

賞味期限が短いのは、低温で殺菌するためです。超高温殺菌の牛乳のように、長持ちしません。また開封後は、早めに飲む方が良いです。

パルくる便がオススメ

パルシステムは宅配のみの生協です。実店舗はありません。

宅配で注文して、家に届けてもらうシステムです。

注文書やインターネットで注文すると、週に1回、決まった曜日時間に配達されます。

注文し忘れを防ぐために、「パルくる便」という定期便があります。

1度登録すれば、毎回注文しなくても、自動で配達されます。

サイクルは「毎週」「隔週」「4週に1回」から選択。もちろんお休みもできます。

牛乳を毎週買う人は、登録しておくと便利ですよ。

パルシステムは牛乳目当てで、加入する家庭も多いです。

パルの牛乳しか飲まない! というお子さんも多いみたい。

気になった方は、一度資料請求してみてはいかがでしょうか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする