梅シロップで梅ジュース!作り方&発酵白カビ対策~パルシステムで手作り品

水で割った梅ジュース

我が家では毎年、6月になると梅シロップを作ります。

青梅と砂糖だけで作る、シンプルで簡単な梅シロップ。

水で割ると簡単に梅ジュースになります。

そのままかき氷のシロップにしても美味しい!

子どもたちも大好きな味です。

梅シロップの作り方

材料は氷砂糖1キロ、青梅1キロ

梅と砂糖は同量を用意します。

甘さ控えめがお好みなら、砂糖を100~200g減らしましょう。

今回氷砂糖を使いましたが、普通の砂糖でも作れます。

氷砂糖と青梅

青梅は洗ってヘタを取り除きます。楊枝や竹串を使うと取りやすいです。

水気をよく拭きとったら、ビニール袋に入れて、一晩冷凍させます。

冷凍することで、梅の繊維が壊れてエキスが出やすくなります。

凍った青梅

氷砂糖と梅を保存瓶に交互に入れます。

梅ジュースの瓶

氷砂糖が溶けたら出来上がりです。

出来上がった梅ジュースの瓶

梅ジュースの作り方

梅シロップは濃くてとろみがあります。

かき氷にはそのまま使いますが、飲む時は割って飲みます。

梅シロップ水で割って梅ジュースに、炭酸水で割ると梅ソーダになります。

涼しい時はお湯で割って、ホット梅も美味しいですよ。

水やソーダは薄めでも美味しいですが、ホットはちょっと濃い方が美味しいです。

水で割った梅ジュース

またうちの子は、牛乳で割るのがお気に入り。

とろみがでて、飲むヨーグルトのようになります。

牛乳で割った梅ジュース

梅ジュース作りの失敗と対処法

発酵

梅ジュース作りで1番よくある失敗は、発酵です。

白い泡がたくさん出てきたら発酵しています。

梅や手に酵母菌がついていて、それが容器に入った状態になってしまうと起こります。

酵母菌が糖分をエサにして、炭酸ガスをだすアルコール発酵です。

多少アルコール臭がしても、腐敗臭などしない場合は、加熱殺菌すれば飲むことができます。

カビ

梅ジュースはたまにカビが生えることもあります。

少々の白カビでカビ臭がないなら、加熱殺菌すれば飲むことができます。

青カビの場合、残念ながら捨てましょう。

発酵・カビの対処法

発酵した場合も、白カビが生えた場合も、対処法は同じです。

梅の実を取り出し、泡やカビを捨て、鍋に移して加熱します。

高温で加熱すると梅の風味が消えるので、沸騰はさせません。時間は5~10分程度。

梅がシワシワで、すでにエキスが出た後なら、梅の実は戻しません。

梅がふっくらしてエキスがまだ出ていないようなら、梅を戻して数日待ちます。

ただし匂いを嗅いでみて、腐敗臭やカビ臭がしたらあきらめましょう。

見た目が濁っているなど、色がおかしい場合も捨てて下さい。

また加熱する時、鍋は酸に弱いアルミ鍋は使わないでください。変色する可能性があります。

ホーロー鍋・ステンレス鍋・土鍋がおすすめです。

失敗しないためのポイント

発酵やカビを防ぐポイントは、以下の5つです。

✅ 保存容器をよく洗浄・消毒しておく。

✅ 梅や容器に水分は残さない。

✅ 傷ついた梅、完熟した梅は使わない。

✅ 漬けた後、瓶を揺らして砂糖を溶かす。

✅ 直射日光をさけ、高温にならないようにする。

容器に雑菌が残っていたり、傷ついた梅が混ざっていると、カビの原因になります。

完熟した黄色い梅でも梅ジュースが作れますが、青梅に比べると発酵しやすいので注意が必要です。

砂糖が溶けるまでの日数がかかりすぎると、発酵しやすくなります。毎日瓶を揺らして砂糖を溶かしましょう。

高温になりすぎるのも、発酵を進めてしまいます。保存場所は暗い場所が良いです。

発酵を防ぐために、お酢を加えるレシピもあります。

少し酸味がきつくなっても大丈夫なら、お酢を100㎖程度加えると、発酵しにくくなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする