東京都生協比較・6つの生協の宅配を紹介 おすすめはココ!

食材のイラストと文字(東京生協宅配比較)

我が家は生協の宅配を利用しています。

食料品や日用品を玄関先まで届けてくれる宅配サービスは、とっても便利。

ただ地域によってたくさんの生協があるので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、東京都で利用できる生協の宅配を比較。

特徴・配達エリア・出資金・増資・個配手数料・取り扱い商品数・注文方法・支払い方法・店舗の有無などをまとめています。

個配手数料(配達料)は、どの生協も各種割引制度がありますが、基本の金額をのせています。

参考にしてください。

東京都の主な生協

都内では以下の6つの生協宅配が利用できます。

  • コープデリ
  • パルシステム
  • 生活クラブ
  • 東都生活協同組合
  • 自然派くらぶ
  • なのはな生活協同組合

コープデリ

関東エリアで一番多く利用されている生協の宅配。

配達エリアは、離島を除く都内ほぼ全域。

東京の方は「コープみらい」に加入します。

取り扱い商品数は、他の生協を比べてダントツの多さ。

食品はもちろん、日用品も種類豊富。

お値段も手ごろで、スーパー代りで使いやすい生協です。

  • 出資金  :500円~
  • 増資   :任意
  • 配達手数料:198円※
  • 取り扱い : 毎週5000品目以上
  • 注文方法 :注文書・インターネット・アプリ
  • 支払い  :口座引き落としのみ
  • 店舗   :コープみらい

※配達の手数料は、基本手数料88円+配達手数料110円=198円
配達される商品がない日は、基本手数料のみ。6000円以上の注文で配送無料。 

パルシステム

首都圏を中心に1都11県約160万世帯で利用。

東京の配送センターは都内に17カ所あり、離島を除く都内ほぼ全域をカバーします。

国産・化学調味料不使用の、こだわりのプライベートブランドの取り扱いが多い生協です。

コープデリに比べると、品質にこだわる分、値段はやや高い傾向。

しかしCOOP商品や、他のメーカーの取り扱いもあります。

品質にこだわるけれど、ほどほどの価格で買い物がしたい方にオススメです。

  • 出資金  :1000円~
  • 増資   :任意
  • 個配手数料:248円※
  • 取り扱い :週に約800品
  • 注文方法 :注文書・インターネット・アプリ
  • 支払い  :口座引き落とし・クレジットカード
  • 店舗   :なし

※個配手数料:2000円未満248円、2000円以上198円、5000円以上165円、12000円以上0円
「タベソダ」というアプリを使うと、その都度払いが可能。注文しない週の利用料は不要。

生協の宅配パルシステム

生活クラブ生協

北海道から近畿まで、21都道府県で利用。

東京都は配達エリアによって、4つに分かれます。

  • 23区南生活クラブ
  • 北東京生活クラブ
  • 多摩きた生活クラブ
  • 多摩南生活クラブ

生活することは、消費すること。商品の事を「消費財」と呼ぶ独自路線の生協です。

厳しい安全基準を設け、品質にトコトンこだわっている分、値段は高め。

また最初の出資金以外に、毎月の増資は必須。

出資金や宅配料のほかに、情報購読料や活動費などの費用も必要です。

人気商品は「パスチャライズド牛乳」や「平田牧場の三元豚」など。

牛乳やケチャップなどは瓶入りで、環境に配慮してリユースされます。

  • 出資金  :1000円~
  • 増資   :必須 毎月1000円
  • 個配手数料:165円※ 
  • 取り扱い :週に約600品
  • 注文方法 :注文書・インターネット
  • 支払い  :口座引き落としのみ
  • 店舗   :デポー

個配手数料は、3000円以上の注文で無料

生活クラブ

東都生活協同組合(東都生協)

配達エリアは、離島を除く東京都全域と、隣接する神奈川県・埼玉県・千葉県の一部。

産直野菜の美味しさで、定評のある生協です。

農薬や化学肥料をできるだけ控えた「産地直結」の農産物や、生産者の顔が見える「安心安全」な食材が多数あります。

  • 出資金  :1000円~
  • 増資   :任意
  • 個配手数料:198円※
  • 取り扱い :週約3000品
  • 注文方法 :注文書・インターネット・電話・FAX・LINE、アプリ
  • 支払い  :口座引き落としのみ
  • 店舗   :なし

※個配手数料は、基本手数料146円+配達手数料52円=198円
配達される商品がない日は基本手数料のみ
8000円以上の注文で配達手数料無料

東都生活協同組合


自然派くらぶ生活協同組合

配達エリアは、東京の一部・多摩エリアが中心。

世田谷区、杉並区、練馬区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市(一部エリア)、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市(一部エリア)、狛江市、東大和市(一部エリア)、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市(一部エリア)、あきる野市、西東京市(一部エリア)、西多摩郡日の出町(一部エリア外の市区町村あり)

地産地消、食文化の継承、地域の活性化に取り組む生協。

農産物はすべて産直。八王子の地場野菜生産者をはじめ、各地の生産者と取引。市場からの調達は一切しません。

  • 出資金  :1000円~
  • 増資   :必須 月500円
  • 個配手数料:198円※
  • 注文方法 :注文書・インターネット
  • 支払い  :口座引き落としのみ
  • 店舗   :なし

※個配手数料は、宅配料110円+基本手数料88円=198円
 3000円以上の注文で基本手数料無料

自然派くらぶ

なのはな生活協同組合(なのはな生協)

千葉県中北西部、東京都東部地域で利用できる生協。

東京の配達エリアは、江戸川区・江東区・葛飾区・足立区・中央区・墨田区(一部除外あり)。

特徴は、食とくらしの安全へのこだわり。

国産であることを基本に、野菜の無農薬・減農薬、遺伝子組換えやポストハーベストなどに対しての厳しい独自基準を設けています。

  • 出資金  :1000円~
  • 増資   :任意 一口500円
  • 個配手数料:220円※
  • 注文方法 :注文書・インターネット・電話
  • 支払い  :口座引き落としのみ
  • 店舗   :なし

※個配手数料は、宅配料110円+カタログ料110円=220円
12000円以上の注文で無料

なのはな生活協同組合

まとめ

青空と花畑

以上、東京の6つの生協についてまとめました。

生協の宅配は、まずお住いの地域に配達があるかが重要です。

自然派くらぶなのはな生活協同組合は、配達エリアが狭いので注意してくださいね。

その上で、自分が生協に何を求めるかを基準に選ぶといいでしょう。

手軽にスーパー感覚で使いたい→ コープデリ

中コスト品質重視→生協の宅配パルシステム

高くても安全性・品質重視→ 生活クラブ

産直野菜にこだわりたい→東都生活協同組合

多摩で産直野菜を重視→ 自然派くらぶ

都東部で食の安全を重視→ なのはな生協

スーパーの代わりに使いたいなら、コープデリがオススメです。取り扱い商品が多く、手頃な価格で買うことができます。

手頃な値段でも、ちょっとだけこだわったものを選びたいならパルシステムがオススメ。我が家も使っている生協です。

タベソダというアプリと使うとその都度払いが可能な事、クレジットカード払いができるのも嬉しいところ。

クレカ払いでポイントを貯めたい方は、特にオススメです。

生協選びのもう一つのポイントは、生協にかかる費用です。

商品の値段や配送手数料ばかり気にしがちですが、出資金の増資や活動費なども必ずチェックしましょう。

出資金はどの生協でもかかる費用です。出資金を増やす増資が強制かどうかは、生協によって違います。

コープデリやパルシステムの出資金は、最初に1度だけ払えばOK。活動費なども不要です。

生活クラブや自然派くらぶなどは毎月出資金(=増資)が必要です。

ただし、出資金は生協をやめる時、全額返ってくるので安心してください。貯金の積み立て代りに、毎月増資する方もいらっしゃいます。

迷っている方は複数資料請求して、見比べてから決めるといいですよ。

また生協によっては、お試し商品を利用できるところもあります。

オススメ定番商品が、安く試せるチャンス! ぜひ利用してください。

生協の宅配とネットスーパーで悩んでいる方は、こちらも記事もオススメです。

スーパーに行くよりも買い物は宅配が便利!生協(おうちコープ・パルシステム)と、ネットスーパー(楽天西友)を利用している主婦が、おすすめポイント、メリット&デメリットをまとめました。外出を減らしたい方、買い物を楽にしたい方は参考にして下さい。

パルシステムはこちらの記事が詳しいです。参考にしてください。

便利な生協の宅配、パルシステム。注文はカタログかインターネットで。スマホのアプリも便利。支払いはクレジットカード払い可能。休みたい時や留守の時は?返品はできる?ポイントって?リサイクルは?毎週決まったものが届く「パルくる便」もあります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする