おうちコープとパルシステム、商品数、品質、値段の違いは?

神奈川の生協と言えば、おうちコープとパルシステムが人気です。

我が家では、両方使っています。

生協の宅配は、注文書やネットで注文すると、週一回固定の曜日時間に届けてくれるサービスです。

ネットスーパーのように日時は選べませんが、商品は食材・日用品・雑貨など種類豊富です。

同じ生協の宅配ですが、取り扱う商品にどんな違いがあるのでしょうか?

おうちコープ

品ぞろえの多さでは、おうちコープがおすすめです。

取り扱いは、毎週2800品程度。おうちコープだけで、大抵のものはそろいます。

例えば牛乳。

COOP以外にも、明治、雪印、タカナシ、ヤツレンなど主要なメーカーのものがそろいます。調整牛乳・低脂肪・無脂肪・特濃・低温殺菌、産地限定、カルシウム配合など、種類も様々です。

クイックデリという、惣菜キットも充実しています。

肉・魚・野菜がカット済みで、調味料・レシピとワンセットになったアイテムです。野菜を洗って切るというのも、結構手間ですよね?忙しい主婦の味方のアイテムです。

料理自体が苦手な方は、健康食事セットもあります。

料理ができない高齢者・単身者・病人や妊婦さんが利用します。冷凍品をレンジで温めるだけでバランスのいい食事がとれます。おかずセットと、おかずとご飯のセットがあります。

雑貨の取り扱い量も多く、価格もスーパーと比較しても、そう高額ではありません。スーパーの定価と変わらないくらいです。

COOP以外の商品も多く扱うため、ほとんどスーパーと変わらない品ぞろえです。

また、「ギリギリ特価」という安い商品があるのも特徴です。スーパーの安売り同様、お得に購入できます。

パルシステム

品質にこだわりたいのなら、パルシステムがおすすめです。

取り扱いアイテムは、毎週800品程度

おうちコープに比べると少ないため、パルシステムだけで買い物を済ますのは難しいでしょう。

牛乳なら、こくせんと酪農家の牛乳というパルシステム特有の商品のみです。

品質にこだわっている分、アイテムが限られます。

逆に言えば、選りすぐりのものだけですから、どれを選んでも安心です。特にパンや調味料には自信があるようです。

パルシステムは、おうちコープと違って、実店舗を持ちません。

パルシステムの商品が欲しいなら、宅配を利用するしかありません。ここでしか買えない高品質のものを求めて、宅配を利用する方が多いです。

また、3日分の時短ご飯セットがおすすめ。

名前の通り、3日分の時間がかからないメニューのセットです。油や調味料は自分で用意しますが、材料もレシピも、セットで届きます。

毎日の献立を考えるのは、主婦の悩みの種ではないですか?

栄養バランスと、材料費と、自分の腕前と、調理時間を考えて献立を決めて、買い物して、料理する。忙しいと考えるのも大変だけど、楽なものばかり作っているとマンネリになりがち…。

この3日分の時短ご飯セットを利用すれば、料理時間は20~30分程度。マンネリ防止にもなりますよ。

パルシステムは、健康に気を付けて、食材は国産のみ、無添加を選びたい方にオススメ。

石鹸や化粧品も、無添加で自然由来の商品が並びます。

おうちコープVSパルシステム

2018年1月の商品の価格(税抜)を比較しました。

商品名 おうちコープ パルシステム
牛乳1000ml 185円 218円
卵10個 265円 232円
あきたこまち5キロ 1880円 1730円
食パン6枚切り 100円 158円
トマト 400g 390円 500g 428g
豚ロース切身 240g 622円 300g 702円
しょうゆ 1000㎖ 284円 900㎖ 348円
ボックスティッシュ5個 265円 358円

パルシステムの方が、やや高い商品が多いです。

おすすめはどっち?

おうちコープ

★ スーパー感覚で、たくさんの商品から選びたい!

★ 品質はまあまあでいいので、安い方がいい

おうちコープも、きちんとした基準をクリアした商品しか取り扱いません。

生協ですので、安売りスーパーよりも、品質にこだわっています。ただ、安全なら外国産もありという感じです。

パルシステム

★ 高くてもいいから、品質にこだわりたい

★ たくさんの商品から選ぶのではなく、気に入った商品を繰り返し使いたい!

パルシステムでも、商品によってはおうちコープよりも安い品もあります。お米はパルシステムの方が安いので、うちはパルで買っています。



カタログを見比べるだけでも、感じがわかると思います。

おうちコープ→ おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト
パルシステム→ 生協の宅配パルシステム

お試しセットもあります。値段分以上のお買い物ができますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする