PR

パルシステムの餃子にしよう!お母さんの味に近い冷凍餃子【生協購入レビュー】

パルシステム冷凍餃子 パルシステム商品紹介

我が家は、生協の宅配・パルシステムを利用しています。

生協の宅配は、注文書やネットで注文すると、週一回、固定の曜日時間に届けてくれます。

商品は食材・日用品・雑貨など種類豊富。

かさばるものも、重たいものも、玄関まで届けてくれるので助かります。

この記事では、パルシステムの餃子を紹介します。人気の商品なんですよ。

パルシステムの冷凍餃子を紹介!

冷凍餃子「餃子にしよう!」

こちらがパルシステムの冷凍餃子餃子にしよう!

パッケージにこだわって、あえてプラスチックトレーなしの袋入り。

環境に配慮して、無駄なゴミが出ないようにしているのですね。

餃子の作り方

油を引いたフライパンに、凍ったままの餃子を並べます。

うちはいつも丸く並べています。

焼き目がついてから水を入れ、蓋をして強火で蒸し焼き。

約4分半たったら、蓋を取って、中火で水気を飛ばします。

仕上げに、油をさらに足して、焼き上げます。

厚めでモチっとした皮なので、水餃子にもオススメ。

お湯、またはお好みのスープで約8分茹でるだけ。

餃子はなるべく手作りしたいと思っていますが、結構手間で時間がかかるのですよね。

この冷凍餃子なら、焼餃子でも水餃子でも、簡単にできちゃいます。

餃子の味はどう?

うちの子どもは餃子が大好き。

でも市販の餃子だと、好き嫌いがあって、香辛料が強すぎるとあまり食がすすみません。

これは味付けがシンプルで美味しいので、子どもにも人気です。

味付けは濃すぎず、家庭の手作りの餃子の味に近いです。

1袋20個は、家族でペロリと食べちゃいます。

油断していると、私の分がなくなります。

子どもの食欲を考えると、これからは2袋焼かなきゃ足りないかな。

餃子のお値段は?

いくら良くても、値段が高すぎると手が届かない…。

パルシステムの冷凍餃子は、

1袋 20個入り 350g 430円(税込)

冷凍餃子の価格としては、ごく普通でしょうか。

スーパーみたいに冷食セールとかはないですが、1個当たり20円くらいですから、お高くはないと思います。

餃子の材料は?

メインの具材、キャベツ、ニラ、豚肉は国産。

皮に使われる小麦粉も国産。

味付けはしょうゆ、ごま油、砂糖、食塩、清酒、香辛料、生姜、にんにくなど。

原材料を見てみると、どこの家庭でもある材料で作られているのがわかります。

有名メーカーの冷凍餃子は、たいてい添加物が含まれます。

例えば、乳化剤、増粘剤(キサンタン、アルギン酸Na)、クエン酸Na、塩化Ca、カゼインNaなど。

便利だけど、体にいいのかな?と思ってしまいますよね。

シンプルな材料で作られるパルシステムの餃子は、安心して食べられますね。

パルシステムの冷凍餃子まとめ

毎日の食事、主婦なら献立に悩みますよね。

美味しくて、栄養バランスが取れて、家族が喜んで食べて、安全なものが理想。

特に子どもがいると、食の安全を気にする方も多いのではないでしょうか。

食材は国産を選びたいし、添加物などもとりたくなし。

やっぱり毎日手作りしなくちゃ!

でもそれが毎日じゃ、忙しいママはバテてしまします。

そんな時、上手に取り入れたいのが、生協の冷凍食品。

中でも、パルシステムの人気商品餃子にしよう!はオススメです。

パルシステムの餃子は、お店では売っていません。

生協の宅配は、他の冷凍食品も充実しています。

良かったらこちらの記事も参考にしてください。

生協の宅配、忙しい人は便利な冷凍素材がオススメ!【パルシステム】

人気記事、生協比較も参考にしてください。

東京都生協比較・6つの生協の宅配を紹介 おすすめはココ!
東京都で宅配が利用できる6つの生協(コープデリ・パルシステム・生活クラブ・東都生協・自然派くらぶ・なのはな生協)を比較。特徴・配達エリア・出資金・増資・個配手数料・取り扱い商品数・注文方法・支払い方法・店舗の有無などをまとめました。
生協の宅配とネットスーパーの違いを比較!使い分けで買い物を便利に
スーパーに行くよりも買い物は宅配が便利!生協(おうちコープ・パルシステム)と、ネットスーパー(楽天西友)を利用している主婦が、おすすめポイント、メリット&デメリットをまとめました。外出を減らしたい方、買い物を楽にしたい方は参考にして下さい。

※商品の価格や内容は、記事公開当時のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました