おうちコープとパルシステム、あらびきウインナー食べ比べ

便利な生協の宅配、おうちコープとパルシステム。

我が家は、両方使っています。

同じ生協なので、同じ商品を取り扱うこともありますが、独自のアイテムも多いです。

特にパルシステムは、パルでしか買えないもの多数。

今回は、ポークウインナーを食べ比べてみました。

おうちコープ

国産ポークあらびきウィンナー

90g 標準6本入り。 199円(税抜)

製造者は、伊藤ハム株式会社

焼く場合、熱したフライパンに薄く油を引き、中火で約2分。

ボイルの場合、70~80℃の湯で、約3分。

パルシステム

あらびきポークウインナー

120g 280円(税抜)

製造者は、株式会社パル・ミート山形事業所

冷蔵豚肉使用(豚脂肪は冷凍も使用)。

焼く場合、フライパンに薄く油を引き、弱火で少し焦げ目がつく程度に焼く。

ボイルの場合、80~90℃の湯で約4分。

共通点

・無塩せき…亜硫酸塩などの発色剤を使用しない製造方法。

・リン酸塩(肉の決着剤)不使用。

・国産豚肉使用。

・調理方法は、ボイルでも、焼いてもOK。

食べ比べ

コープのウインナーと、パルのウインナー、同時に作って食べ比べました。

コープ パルシステム
税抜価格 199円 280円
内容量 90g 120g
本数 6本 6本
明るい茶 グレーっぽい
太さ 細め 太め
歯ごたえ パリっと固め 柔らかめ
肉感 肉感あり 肉感あり
エネルギー 290kcal 296.8kcal
タンパク質 12.3g 15.7g
脂質 25.3g 23.6g
炭水化物 3.1g 5.4g
食塩相当量 1.4g 1.7g

我が家の好みでいうと、ボイルするならパル。焼くならコープ。

コープの方が皮がパリッとします。パリッとした食感がお好みの方はコープがオススメ。また、お弁当で彩でウインナーを入れたいなら、コープの方が色がきれいです。

パルは柔らかめで、パリッとはしません。肉を食べている感じなので、より肉肉しいのがお好きな方はパルがオススメ。太めで食べ応えがあります。

お値段的にはコープの方が安いですが、パルの方が一つの大きさが大きいです。

100g当たりの値段に直すと、コープ約221円、パル約233円。若干パルシステムの方が高いですが、大した差ではないかなと思います。

どちらも、無縁せき、国産豚肉使用と、安全に気を配ったウインナーです。

下の写真は、右がパルシステム(上3本焼き、下3本ボイル)、左がコープ(上3本が焼き、下3本がボイル)。

気になった方は、是非食べてみて下さい。

コープのウインナーはコープの店舗でも買えると思いますが、パルシステムは宅配でしか買うことができません。

おうちコープ→ おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト
パルシステム→ 生協の宅配パルシステム

宅配が気になった方は、お試しセットもあります。ウインナーも入っています。

値段分以上のお買い物ができますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする