おうちコープとパルシステム、冷凍チャーハン食べ比べ

便利な生協の宅配、おうちコープとパルシステム。

我が家は、両方使っています。

同じ生協なので、同じ商品を取り扱うこともありますが、独自のアイテムも多いです。

特にパルシステムは、パルでしか買えないもの多数。

今回は、冷凍チャーハンを食べ比べてみました。

おうちコープ

指定産地米と国産具材の香ばしチャーハン

1袋 450g 399円(税込)

製造者は、株式会社ニチレイフーズ。

特別栽培米「岩手ひとめぼれ」を使用しています。通常の栽培方法と比べ節税農薬と化学肥料を5割減らした、特別栽培米です。

具材は、焼豚、野菜(玉ねぎ、人参、ネギ)、卵、全て国産。

電子レンジ、フライパン料理の両方できます。

パルシステム

直火炒めチャーハン

1袋230g×2袋 419円(税込)

製造者は、株式会社キューレイ

産直米「北海道きらら397」を使用。

具材は野菜(ねぎ、にんじん、しょうが、にんにく)、豚肉、卵、全て国産。

電子レンジ、フライパン料理の両方できます。

共通点

・お米は指定米使用。

・具材は国産を使用。

・電子レンジ加熱と、フライパン調理ができる。

・ニチレイの商品(コープはニチレイフーズ、パルはキューレイと製造者が異なりますが、キューレイはニチレイフーズのグループ企業です)。

食べ比べ

コープのチャーハンも、パルシステムのチャーハンも、同時に作って食べ比べしてみました。

それぞれ、電子レンジ加熱と、フライパン調理と作ったので、4皿できました。

写真は、上がパルシステム(右が電子レンジ、左がフライパン)

下がコープ(右が電子レンジ、左がフライパン)

コープの方が味がしっかりついています。卵が多く、色もキレイ。

パルシステムは、コープよりも薄味。野菜が多く、色は濃い目です。

チャーハンならではのパラパラ具合は、そう変わりありません。

どちらも電子レンジ加熱よりも、フライパン調理の方が、よりチャーハンらしくなって美味しかったです。

我が家の好み

子どもはコープのチャーハンの方が好み。理由は「野菜が少ないから」おいおい、そんな理由かい💦

旦那もコープの方が好み。理由は「味が濃いから」男性はそうなのかな。

そして私もコープの方が好み。あれ、全員一致だなあ。

コープの方が、一般的な味かと思います。シンプルで、食べ慣れた味と言うか。我が家のつくるチャーハンに近い味。

パルシステムは色が濃い割に薄味。ニンジン多め。原材料に、にんにく・しょうがとありますが、味はそんなに感じません。

下の写真は黒い皿がパルシステム、ベージュの皿がコープです。

我が家はコープのチャーハンが好みという結果でしたが、パルシステムのチャーハンも十分美味しいチャーハンです。

パスシステムで、年間約320tも食べられている人気商品です。

パルステムは電子レンジ加熱の場合、袋の穴を開ければ、袋のまま加熱OK! お皿に移す必要はありません。

1袋ずつに分かれているのも、便利ですね。

味はコープより薄いですが、薄すぎるわけではありません。コープが濃い感じかな。

お子さんには、こちらも方が良いかもしれませんね。

気になった方は、是非食べてみて下さい。

コープのチャーハンは店舗でも買えると思いますが、パルシステムは宅配でのみ購入できます。

おうちコープ→ おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト
パルシステム→ 生協の宅配パルシステム

宅配が気になった方は、お試しセットもあります。値段分以上のお買い物ができますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする